家賃保証を扱いたいケース|不動産を利用した安定収入の一助となるシーエフネッツ
男女

不動産を利用した安定収入の一助となるシーエフネッツ

家賃保証を扱いたいケース

電卓とお金を持つ人

家賃保証とは入居者の管理を管理会社へ委託させる契約のことであり、家賃の振り込みや滞納の催促、クレーム対応といった様々な業務を管理会社が代行してくれます。この仕組みを取り入れることで、オーナー経験のない方でも不動産運用が行なえるという嬉しい仕組みです。
家賃保証により空き室の有無を問わずに家賃が入るという大きな利点もあります。また、そういったサービスの一部には、本来必要な連帯保証人を業者が代行してくれるというサービスも存在します。保証人を探し出す必要がないということは、それだけ契約への障害が少ないといえるので、オーナーとしては有用な制度です。
一方で、家賃保証の取り入れ方次第では、より収益性を高めることもできます。では、そうした状況はどういったものなのでしょう。それは、家賃保証の有効性と関わりがあります。入居しやすいことが明らかであれば賃貸収入が得やすいということに繋がるので、入居者がつく見込みがあれば家賃保証を取り入れない方がより収益性が高いといえるのではないでしょうか。逆に、立地などの条件から空室が予想できるような物件は家賃保証を取り入れた方が安心できるといえるでしょう。
また、家賃保証には注目したい特徴があります。例えば、設定家賃の変動です。時期に応じて家賃の完全保証がされない場合があります。それは少々の減額が発生する可能性があるということになり、周辺の家賃相場や管理会社の状況にも関わってきます。日ごろから管理会社と連絡を取り合い、適切な仕組みを構築していくことが大切となるでしょう。